トップイメージ
いろいろあるキャッシングの手続きの切り口からチェックしてみると、審査も様々であるとことが言えます。ひとくくりにお金の借入れと呼んでも、金融機関系のものであったり大手のものであったり、そして独立系のものなどもあり様々です。それらのキャッシング業者を比較した際、間違いなく、審査が甘い会社、その逆の厳しい会社というものに分かれるのです。合わせて融資を受ける件数は、3社が目安と言えます。キャッシング数が3社が借り入れ金額が年収の3分の1以下であれば、銀行系でも審査基準をクリアする確率は高いといえます。銀行はおおかた借りたお金に対しての金利が低く設けていますので、活用することであれば銀行がいいでしょう。キャッシング件数が万が一四件を超えている場合は、銀行系は難しくなります。但し、2006年以降の出資法や貸金業規制法などの法改正により、利子が引き下げられ、銀行系では手続きが通りづらい方向にあるようです。金融機関系でも、一段と審査項目に関して慎重になるようです。また、手続きの簡単な会社とうわさの業者でも、安易に手続きに申し込めばよいということでもないのです。仮に、前もってその会社に当たって情報を集めずに申し入れをし、審査に通過しなかった場合、その審査項目は個人信用情報機関に記録されてしまいます。信用情報機関に登録される期間は三ヶ月〜六ヶ月なので、その時間、個人信用情報機関の個人記録汚れてしまうことになります。汚れたからといって直に借りられないということでもないのですが、その記録を閲覧する企業の審査基準には、当然多かれ少なかれ影響があるはずです。割に幾分甘いといわれている手続きを行う会社でも、個人信用情報機関に個人情報が登録されるいることにより融資を受けられなくなるということも起こってくる可能性があります。

リンク

Copyright © 1998 www.frheaven.com All Rights Reserved.